FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぼくのかんがえた きみの終末」 よくあるかもしれない質問

「10/10+Voice」と「ぼくのかんがえたきみの終末」
ふりーむ!様へのデータお引越し、無事に終わりました~!

ふりーむ!様で配布していただいている拙作一覧はこちら
よろしければ覗いてみてください╰(*´︶`*)╯

ちょうどいい機会なので、1月からこれまでにお寄せいただいた
「ぼくのかんがえた きみの終末」へのご意見、ご質問の中から
「公表しておきたい!」と思ったものをこの場でもお答えします!
※実際にいただいたご意見・ご質問の文脈そのままではありません

○――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――○

Q.
小太郎の語りは斜め読みしちゃだめですか?
A.
聡にいたっては序盤で耳栓してます。
おふざけ語りを全部読んでもらえると小太郎は喜びますが、
小太郎もその辺の耐性はプロ並です。
ご無理なさらず、特にギャグシーンは斜め読みしていただいて大丈夫です。


Q.
1970年代要素をもっと増やせませんか?
A.
1970年代要素にご期待くださった方、申し訳ありません!
単純に時代考証不足であることも非常に大きいのですが、
今作単体では時代設定と物語にそれほど深い関わりはありません。
今後の作品展開やその他の都合上、
今作では時代設定を1970年代中頃、もっと言うと1976年と定めました。
「その他の都合」についてはこちらの記事でちらっとしゃべってます(リンク先ネタバレ注意)


Q.
ボーイズラブですか?
A.
うーん……うーん……
この物語の根幹部分を構成する一つに、少年愛は含まれます。
それについて語ると、語らなかった頃には戻れないので、色々迷っています。
少なくともゲーム内の描写はボーイズ、友愛(ブロマンス)程度です。


Q.
END3は何が起こったんでしょうか?
A.
以下、END1とEND3の重大なネタバレを含むので追記に記載いたします。

続きを読む

スポンサーサイト

近日バージョンアップのお知らせ

何事もなければ明日の夜、バージョンアップした
『10/10+Voice Ver.1.2』と『ぼくのかんがえたきみの終末 Ver1.1』を
ふりーむ様に登録申請してまいります!

バージョンアップに伴い、データ登録先をVector様から移動させていただきますので、
ふりーむ様への申請の結果をお待ちする間、上記2作品のダウンロードを休止いたします。
もし休止中に本作にご興味を持ってくださった方がいらっしゃったら申し訳ありません💦
配布再開までお待ちいただけますと幸いです。
※明日、13日の夜までは上記2作品の旧バージョンのゲームデータがダウンロード可能です。
※『10/10(ボイス無し版)』は常時Vector様にてダウンロード可能です。


※9月14日19時50分 追記
無事に審査を通りました~!
ふりーむ様ありがとうございます!
『10/10+Voice Ver.1.2』と『ぼくのかんがえたきみの終末 Ver1.1』フリー配布中です♪



ちなみに、『10/10+Voice Ver.1.2』と『ぼくのかんがえたきみの終末 Ver1.1』では、
それぞれ文章履歴画面を一新いたしました!

『10/10+Voice Ver.1.2』文章履歴画面
履歴スクショ2
セリフクリックで音声を何度でも再生できる仕様は従来通りです。


『ぼくのかんがえたきみの終末 Ver1.1』文章履歴画面
履歴スクショ1

なんとなんとなんとか、旧Ver.との互換性問題も解決しました~!
たった一か所の設定ミスに気が付くまでに時間がかかってしまいましたが、
そういえばバグと戦う際に一番大事なのは根気でしたね……。
約一年前の奮闘を思い出しました。わぁなつかしい

ゲーム本体と同時に修正パッチも配布いたしますので、それを使用していただければ
旧Ver.のセーブデータからでも新Ver.の文章履歴画面が適応されます!o(´▽`*)/
逆に言えば文章履歴画面以外は特に大きな変化はないので、
修正パッチの使用はお好みでどうぞ~。

レビューご紹介!&バージョンアップ検討中です!

最近はTwitterの方でお話させていただく事が多くなり、
ブログ更新は毎度お久しぶりではございますが、私は元気に過ごしております。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

先日、あ~やん様に「ぼくきみ終末」のニコ生放送をしていただけました!
ニコ生のURLをうまく貼れず、ブログでのご紹介は断念してしまったのですが……
あ~やん様にさらに、「10/10」と「ぼくきみ終末」のレビューを
壁]v・)<壁的情報局>(・v[壁】こちらにて
ネタバレ無しで各項目ごとにたっぷり丁寧に書いていただけました!(≧▽≦)
あ~やん様、本当にありがとうございます~っ!!
ゲーム未プレイの方にもぜひぜひご覧いただきたいです!

(掲載許可もいただけました!)
壁]v・)<フリーゲーム「10/10」感想
壁]v・)<フリーゲーム「ぼくのかんがえたきみの終末」感想

さてさて……「ぼくきみ終末」のレビューに、
文章履歴画面についてのご意見をいただきました!
機能拡張方法を調べてみたところ、うまくやれば実装できそうだったので、
現在、「10/10」と「ぼくきみ終末」の
文章履歴画面の拡張を検討しております!

文章履歴1

↑この画面を

文章履歴2

↑こういうデザインで、一目で物語の流れを再確認できるように変えようとしています
※文章はゲーム本編と一切関係ありません

ただ……ちょっと問題が発生しております💦
文章履歴画面を作り直して、その追加パッチをVer1.1として配布してしまうと、
Ver1.1に更新してから作ったセーブデータの読み込みは問題なく可能なのですが、
Ver1.0の時に作ったセーブデータを読み込んだ際にエラーが発生してしまうのです。
この互換性問題を解決できなかった場合は、
Ver1.0の本体配布を停止したうえで、
追加パッチ配布という手段は取らずに
Ver1.1本体のみ配布とさせていただこうと思います。

できれば既存ユーザー様の元にも新しい文章履歴画面をお届けしたいので、
なんとかできないかと模索中です……!

今回の互換性問題のそれっぽい例え話
Ver1.0=のび太君としずかちゃんが結婚する世界線
Ver1.1=女の子ののび子ちゃんがしずお君と結婚する世界線
理想 =タイムマシンでVer1.0とVer1.1両方の世界線を見る
問題点=世界線移動の衝撃にタイムマシンが耐えられない

今回の互換性問題のちょっとむずかしい話(吉里吉里の仕様に基づいたご説明)
実は後々バージョンアップする事になった時のために、
スクリプタのためのノベルゲームシステムの作り方】←こちらのサイト様を参考にして
Ver1.0制作時の段階でゲーム変数を使って準備をしていました。
Ver1.0のセーブデータを読み込むと従来の文章履歴画面表示、
Ver1.1で新しく作ったセーブデータを読み込むと拡張した文章履歴画面表示、
という塩梅に更新なら可能なのではと今回思ったのですが、
Ver1.0制作時は想定していなかった、config.tjsを書き換える必要が出てきました。
詳細は割愛しますが、これがエラーの大本のひとつです。
文章履歴画面を拡張したVer1.1の本体と追加パッチ両方を配布するには、
拡張する方法をまったく違う切り口で模索する必要がある事に気付いたのが現状です。

私個人の願望なのですが、配布形態は未定でも文章履歴画面拡張は行いたいです……!
数日中にどうするかハッキリさせるつもりなので、その際にまたブログ更新します(多分Twitterも)。

ぼくきみ終末の実況プレイ動画をご紹介!

おひさしぶりのブログ更新です♪
YouTubeでご活躍されているりぼまる様に
ぼくきみ終末の実況プレイ動画を投稿していただけましたのでご紹介いたします~!

【実況】ぼくのかんがえたきみの終末 #1 (こちらをクリックすると別窓で表示されます)
(例によって動画を丸ごと貼る事も可能なのですが、そうするとチャンネル登録などの
 様々な機能が使えなくなってしまうようなのでリンクのみで失礼します)

これまでにりぼまる様が投稿された動画もあわせてご視聴いただくのが
一番分かりやすいと思われますが、
りぼまる様はキャラごとのお声の幅がとても広いのです……!まさにミラクルボイス!
恐怖に震える少女を愛くるしく演じられた次の瞬間に
筋骨隆々の男性を豪快に演じられたりするので、
私の中では声優さん説が浮上しております。
(YouTubeのりぼまる様の概要ページによると、声帯が行方不明説が浮上されているそうです)

現在はパート2まで投稿してくださっているのですが、
今後、りぼまる様が物語から受けた印象などにあわせて
徐々に聡と小太郎の演じ方を変えてくださっているそうです!
すでに元気いっぱいの小太郎ときりりとした聡を堪能させていただいているのに
更なる変化を楽しめるなんて、もうわくわくが止まりません……!

ふわひらぶらぶハイスクール!!

04.jpg

という嘘でした。

という夢が4年越しに叶いました。

やっと!やっとエイプリルフールに当サイトも参加できました!
Twitterの方でご反応もいただけて、とても嬉しかったです……!
来年もまたなにか新しく作りたい気持ちもありますが、
「ふわひらぶらぶハイスクール!!」の世界を広げるのも楽しそうです。
……結局はネタと時間の有無にかかっているので、来年の私に丸投げします。
また参加できますように。

本日はネタにお付き合いくださり、ありがとうございました!
プロフィール

小鳥大亮

Author:小鳥大亮
「ことりだいすけ」と読みます。
簡略して「とりすけ」と名乗ることもあります。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。